選考委員・特別顧問・アドバイザー

村上透
村川 透

映画監督/YMF審査委員長

山形県村山市出身。1960年日活演出部入社、石原裕次郎、小林旭、浅丘ルリ子、吉永小百合、高橋英樹、渡哲也らの主演作などに助監督として関わり、1972年『白い指の戯れ』で監督デビュー。TV「大都会」「西部警察」、松田優作主演『最も危険な遊戯』『殺人遊戯』『処刑遊戯』の『遊戯』シリーズ、TV「探偵物語」『蘇る金狼』『野獣死すべし』、TV「あぶない刑事」、映画『もっともあぶない刑事』『あぶない刑事リターンズ』『さらば あぶない刑事』、TV「十津川警部シリーズ」「おみやさん」「鉄道捜査官」「越境捜査」、東山紀之主演「棟居刑事」など多数を監督。

船越英一郎
船越 英一郎

俳優

1960年神奈川県生まれ。 日本大学芸術学部映画学科卒業後、82年にドラマ「父の恋人」でデビュー。民放全局に2時間ドラマの主演シリーズを持ったことから「2時間ドラマの帝王」と呼ばれる。主な映画作品には『マリと子犬の物語』『ウルルの森の物語』『白夜行』『県庁おもてなし課』『ヒーローマニア-生活-』『デスノートLight up the NEW world』『Infini-T FORCE』など。 連続ドラマでは、「黒い十人の女」(日本テレビ/読売テレビ)で主演の後、「Missデビル人事の悪魔・椿眞子」(日本テレビ)、「トレース科捜研の男」(フジテレビ)、主演作では、35周年を記念した特別企画ドラマ「船越英一郎殺人事件」(フジテレビ)、土曜時代ドラマ「赤ひげ」(NHK総合)が放送された。今年11月より「赤ひげ2」を放送。現在、情報番組「ごごナマ」(NHK総合)のメインMCを務める。

林郁
林 郁

株式会社デジタルガレージ 代表取締役
兼 社長執行役員グループCEO

大学卒業後、1983年に広告マーケティング企画会社株式会社フロムガレージを設立。
その後1995年に株式会社デジタルガレージを共同創業、代表取締役社長に就任。
以降、一貫してインターネットをベースとした、新規ビジネスの支援・構築とインキュベーションの両面でデジタルガレージグループの事業を展開、推進している。

古賀俊輔
古賀 俊輔

映像プロデューサー/
株式会社ザフール 代表取締役

2007年「creative platform」をコンセプトに映像プロデューサー集団・ザフールを設立。 主なプロデュース作品は『私立探偵濱マイク』劇場三部作とTV連続ドラマ、『おしん』(冨樫森監督)、Netflixドラマ「火花」(廣木隆一総監督)、『ナラタージュ』(行定勲監督・松本潤、有村架純主演)、劇場版『火花』(板尾創路監督・菅田将暉、桐谷健太主演)、『パンク侍、斬られて候』(石井岳龍監督・綾野剛、北川景子出演)、『多十郎殉愛記』(中島貞夫監督・高良健吾、多部未華子主演)、『東京ワイン会ピープル』(和田秀樹監督・松村沙友理(乃木坂46)主演)など。待機作は『ばるぼら』(手塚眞監督・稲垣吾郎、二階堂ふみ主演)、『劇場』(行定勲監督・山﨑賢人、松岡茉優主演)。

増岡厳
増岡 厳

日本テクトホールディングス株式会社
代表取締役社長

1986年北里大学卒業。ダイセーグループ常務取締役、米国FedEX社日本法人役員を経て、1991年に経営コンサルティングの日本テクトを設立。医療系システム事業の認知症検査領域、産婦人科経営支援領域ではTOPシェア展開を果たす。現在は日本テクトホールディングス代表取締役社長として新規事業支援のほか、医療法人理事、公益社団法人顧問、会社役員などを受任、武道や海洋による児童教育にも携わっている。

紀伊宗之
紀伊 宗之

東映株式会社 企画調整部
兼 映画興行部 次長

設立直後の株式会社ティ・ジョイに出向。映画の製作・配給・ODS配給・配信など、幅広く手掛ける。『春との旅』(10)プロデューサー、『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D 』(11)、『009 RE:CYBORG』『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』『エヴァンゲリオン新劇場版:Q 』(12)を配給。また、2008年日本で初めてライブビューイングのビジネスを立ち上げる。2014年東映株式会社へ移り現職。『幕が上がる』(15) 、『リップヴァンウィンクルの花嫁』(16)と東映らしからぬ作品を共同でプロデュース。一転、2018年公開『孤狼の血』では東映保守本流の作品を企画、プロデュース。

加藤正人
加藤 正人

脚本家/シナリオ作家協会理事長

1954年秋田県出身。 『雪に願うこと』で第61回毎日映画コンクール脚本賞受賞。 『クライマーズ・ハイ』(08)、『孤高のメス』(10)、『ふしぎな岬の物語』(14)で、それぞれ日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。その他『日本沈没』(06)、『天地明察』(12)、『エヴェレスト神々の山嶺』(16)、『彼女の人生は間違いじゃない』(17)、『凪待ち』(19)、又吉直樹原作のNetflix配信ドラマ「火花」など。『水の中の八月』で、第15回モンス国際映画祭(ベルギー)最優秀脚本賞受賞。

條々淳
條々 淳

ソニービジネスソリューション株式会社
新規ビジネス推進部 パートナー推進室
MX4Dプロジェクトリーダー

大学卒業後、映画館を軸とした広告代理店にてシネマ広告・タイインプロモーションを担当し、英国での新規事業開発に従事。
その後、英国Durham Business SchoolにてMBA取得。帰国後、英国エクスペリアンジャパン:日本法人にて、インターネットを軸としたマーケティングソリューション(CRM)を担当。
2014年より現職にて、最新技術(4D・VR/AR/MR・Hapticsなど)を活用したエンタメビジネスの開発に従事。シネマ・ゲーム・アミューズメントを軸に、MX4Dシネマ、VR4Dアトラクション、Hapticsなど、ハード/ソフトを組み合わせた体験型ビジネスの開発を担当。

奥田誠治
奥田 誠治

松竹株式会社 エグゼクティブプロデューサー
社団法人映画テレビプロデユーサー協会会長

1956年福島県会津生まれ。1980年日本テレビ入社。『風の谷のナウシカ』の放送が縁で宮崎駿監督・鈴木敏夫プロデューサーと知り合い、『魔女の宅急便』(89)から『思い出のマーニー』(14)までのジブリ作品に参加。実写作品は、『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズ(05~)、『DEATH NOTE 』シリーズ(06~)、『20世紀少年』シリーズ(08~)、『太平洋の奇跡フォックスと呼ばれた男』(11)、『杉原千畝』(15)、『海賊とよばれた男』(16)、『DESTINY鎌倉ものがたり』(17)など。

石垣裕之
石垣 裕之

株式会社WOWOW 事業局長

広告会社・FM局などを経て現職。プロデューサーとして音楽番組を長く担当。その後事業部長として映画・イベント統括。3年間の宣伝部長を経て、2018年~現職。 最近はディズニーブロードウエイヒッツ公演・荒井由美“ひこうき雲”復活ライブ”SONGS&FRIENDS”などを統括。映画製作はWOWOW FILMSとして堀北真希主演『白夜行』(11)、沢尻エリカ主演『ヘルタースケルター』(12)などのエグゼクティブプロデューサーを務めた。藤原竜也・竹内涼真出演「太陽は動かない」、小栗旬・星野源初共演「罪の声」の公開を2020年に予定。

稲葉豊
稲葉 豊

株式会社ユーズミュージック
代表取締役社長

1963年東京生まれ。株式会社インテリジェンス(現パーソルホールディングス株式会社)常務取締役、株式会社USEN常務取締役を経て、現在、株式会社ユーズミュージック代表取締役社長。楽曲の著作権管理・開発、アーティストや作曲、作詞家のマネジメント等に携わる。ほか、株式会社USEN-NEXT HOLDINGS顧問 ライツ&コンテンツ管掌、株式会社USEN顧問、キャンシステム株式会社取締役副社長、日本音楽出版社協会副会長、日本音楽著作権協会(JASRAC)理事、著作権情報センター理事。

吉村和文
吉村 和文

株式会社東北ケーブルテレビネットワーク
代表取締役社長/
株式会社MOVIE ON 代表取締役社長/
YMF運営委員長

1992年ケーブルテレビ山形(現・ダイバーシティメディア)設立。代表取締役専務を経て、2011年代表取締役社長に就任。2004年老舗映画館を引き継ぎ、映画興行会社MOVIE ONを設立、代表取締役社長に就任。2008年東北最大級のシネマコンプレックス・ムービーオンやまがたをオープン。2006年東北ケーブルテレビネットワーク代表取締役社長、2014年プロバスケットボールチーム パスラボ山形ワイヴァンズ代表取締役社長に就任。日本映像学会正会員。日本映像事業協会東北支部長。山形県興行生活衛生同業組合理事長。東海大学山形高等学校理事長。バーチャルシティやまがた代表取締役社長。モンテディオ山形取締役。

特別顧問

小山薫堂
小山 薫堂

放送作家/脚本家/京都造形芸術大学副学長

1964年6月23日熊本県天草市生まれ。日本大学芸術学部放送学科在籍中に放送作家としての活動を開始。「料理の鉄人」「カノッサの屈辱」など斬新なテレビ番組を数多く企画。
脚本を担当した映画「おくりびと」で第32回日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第81回米アカデミー賞外国語部門賞を獲得。執筆活動の他、地域・企業のプロジェクトアドバイザーなどを務める。熊本県のPRキャラクター「くまモン」の生みの親でもある。

行定勲
行定 勲

映画監督

1968年熊本県出身。2000年『ひまわり』が、第5回釜山国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。翌年『GO』で第25回日本アカデミー賞最優秀監督賞。2004年『世界の中心で、愛をさけぶ』が大ヒットを記録。以降、『北の零年』『春の雪』(05)、『クローズド・ノート』(07)、『今度は愛妻家』(10)、『パレード』(10/第60回ベルリン国際映画祭パノラマ部門・国際批評家連盟賞受賞)、『円卓』『真夜中の五分前』(14)、『ピンクとグレー』(16)、故郷・熊本を舞台に撮影した『うつくしいひと』(16)、『うつくしいひと サバ?』(17)、『ナラタージュ』(17)、『リバーズ・エッジ』(18/第68回ベルリン国際映画祭パノラマ部門・国際批評家連盟賞受賞)など。2020年『窮鼠はチーズの夢を見る』『劇場』など話題作の公開を予定している。

ヤンヨンヒ©Emi Naito
ヤン ヨンヒ

映画監督

大阪生まれのコリアン2世。米国NYニュースクール大学大学院メディア研究学科で修士号取得。2005年にドキュメンタリー映画「ディア・ピョンヤン」を発表し、ベルリン国際映画祭、サンダンス映画祭ほかで多数受賞。2009年「愛しきソナ」発表。2012年、初の劇映画「かぞくのくに」がベルリン国際映画祭「国際アートシアター連盟賞」を受賞。 国内ではキネマ旬報ベストテン日本映画第一位、ブルーリボン賞作品賞、主演女優賞、助演男優賞、読売文学賞戯曲・シナリオ賞受賞など高い評価を得ている。2018年、初の小説『朝鮮大学校物語』を上梓。2020年、新作ドキュメンタリー映画「スープとイデオロギー」を上映。

関本好則
関本 好則

NHK・サンダンス 国際映像作家賞創設者/
株式会社プランナーズ21SYJ 代表取締役社長

1972年NHK入局。「映画・映画関連スペシャル」チーフプロデューサー。1994年ロバート・レッドフォード主宰のサンダンスインスティチュートに「NHK・サンダンス国際映像作家賞」を創設。2011年チャンネル銀河社長就任。2012年「裕次郎の夢」全国縦断チャリティ上映会事務局長兼総合プロデューサー、 2015年石原プロVS全国CATV200局による「4K未来映像プロジェクト」事務局長就任。 チャンネル銀河社長、ジュピターテレコム顧問を経て、現在はプランナーズ21SYJ代表取締役社長。

武林聡
武林 聡

株式会社エスネットワークス 取締役

神奈川県横浜市出身。1987年中央大学卒業後、株式会社リクルート入社。株式会社インテリジェンス副社長、株式会社UCOM(現アルテリア・ネットワークス)代表取締役社長、株式会社USEN取締役、株式会社FRS代表取締役を経て、現在、株式会社エスネットワークス取締役。映画鑑賞・読書・ゴルフを趣味とし、好きな映画は『スティング』『天井桟敷の人々』。近年で一番面白かった本は「教養としての宗教事件史」。座右の銘は「着眼大局着手小局」。

ウィリアム・アイアトン
ウィリアム・アイアトン

アイアトン・エンタテインメント株式会社
代表取締役

ワーナーエンターテイメントジャパン、前身のワーナー・ブラザース・ピクチャーズ・ジャパンに26年間在籍、2006年よりCEOとして、映画製作、配給、テレビ作品配給など全ての事業を統率。その前はマネージング・ディレクターとして、『マトリックス』3部作、『ハリー・ポッター』シリーズ、『ラストサムライ』、『硫黄島からの手紙』などを成功に導いた。ワーナー・ブラザースによる日本映画の製作も開始し、『るろうに剣心』3部作、『パラダイス・キス』、『最後の忠臣蔵』、『許されざる者』日本語リメイクなどの製作も主導。

大和田廣樹
大和田 廣樹

プロデューサー/脚本家/
株式会社ドリームキッド 代表取締役社長

大学卒業後、JRグループの新規事業を行う会社に入社。1996年インターネット総合研究所を設立。1999年12月東証マザーズ1号となる。2002年ブロードバンドタワーを設立し社長に就任。2005年大証ヘラクレスに上場。映画のプロデューサーとしても『松ケ根乱射事件』(07)、『ぐるりのこと。』(08)、『THE CODE/暗号』(09)、日台合作映画『南風』(14)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16)などを製作。海外にも拠点を作り台湾ドラマ「Mulan on the Run」や中国ドラマ「上海租界探偵」ではプロデューサーと脚本も担当している。

PAGE TOP