山形国際ムービーフェスティバル特別招待作品「探偵はBARにいる3」
11月12日(日)大好評につき、舞台挨拶付き追加上映決定!

12月1日(金)映画の日の公開に先駆けて実施される山形国際ムービーフェスティバル「探偵はBARにいる3」舞台挨拶が、大好評につき舞台挨拶付き追加上映の実施が決定いたしました。


山形国際ムービーフェスティバル特別招待作品「探偵はBARにいる3」上映・舞台挨拶

  • 日時:11月12日(日)
  •   9:15~(上映後、舞台挨拶)
  • 場所:ムービーオンやまがた
  • 登壇:大泉洋さん(予定)
  • 料金:一般1700円・学生1400円・高校生以下1000円
    ムービーオンメンバーズカーズ会員様料金(一般1300円・学生1100円・高校生以下800円)、シニア(60歳以上)1100円などムービーオンの通常割引適用になります。前売券、ムービーオンの各種チケット・ご招待券はご利用いただけません。
    • チケット発売:11月4日(土)より
    • ・ムービーオンやまがたインターネット予約販売、8:15~発売開始
      http://www.cinemacafe.net/ticket/?theater_id=40176
    • ・ムービーオンやまがた窓口で、劇場オープン時 8:15~発売開始

チケットは完売しました。


探偵はBARにいる3

【探偵】×【その相棒】最高のコンビが迎える最大の危機。悲しくも激しい最後の事件が始まった。

ミステリー作家・東直己の「ススキノ探偵シリーズ」を原作に、2011年に公開された映画『探偵はBARにいる』。探偵と高田の名コンビは多くの映画ファンに愛され、続編となる『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』(2013)も大ヒット。そして4年という月日を経て、ついに2人がススキノに帰って来る! 
主人公=探偵には、もちろん大泉洋。お茶の間で愛される陽気なキャラクターとは一味違う、男くさく時には哀愁すら漂う探偵を、今回も思い入れたっぷりに熱演する。探偵の相棒=高田には、唯一無二の存在感を放ち続ける松田龍平。2人の息の合ったかけあいに、探偵ファンは再び歓喜すること間違いなし!
注目のニューヒロインには、圧倒的美貌と確かな実力で幅広い世代から支持を集める人気女優=北川景子が参戦。他にも前田敦子、リリー・フランキーら豪華新キャストが集結するなか、シリーズおなじみのメンバーも全員続投する。
吉田照幸監督(映画『サラリーマンNEO劇場版』、『疾風ロンド』)を新たに迎え、売れっ子脚本家=古沢良太がオリジナル脚本で挑む本作は、まさに“シリーズ決定版”と呼ぶにふさわしい。
探偵史上最も切ない依頼人がもたらす、探偵と高田の最後の(!?)事件とは……?
これまで見たことのない『探偵はBARにいる』に、あなたもきっと涙する――。

© 2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

監督 吉田照幸 
脚本:古沢良太 
原作 東直己 「ススキノ探偵」シリーズ(ハヤカワ文庫)
出演 大泉 洋 松田龍平 北川景子 前田敦子 鈴木砂羽 リリー・フランキー


舞台挨拶

大泉洋

1973年4月3日生まれ、北海道出身。北海道発の深夜番組「水曜どうでしょう」(HTB/96~)でブレイク。演劇ユニット“TEAM NACS”に所属。シリーズ1作目『探偵はBARにいる』(11)では第24回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞、第35回日本アカデミー賞優秀主演男優賞を受賞。主な映画出演作に『アフタースクール』(08)、『しあわせのパン』(12)、『清須会議』(13)、『青天の霹靂』(14)、『駆込み女と駆出し男』(15)、『アイアムアヒーロー』(16)、『東京喰種 トーキョーグール』(17)がある。2018年には“TEAM NACS”本公演「PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて」を控えている。