アウトサイダー(タル・ベーラ 伝説前夜) 〈6/24 (金)〉

 

 

社会に適合できないミュージシャンの姿を描いた監督第2作にして、珍しいカラー作品。
この作品がきっかけで、タル・ベーラは国家当局より目をつけられることになる。本作以降すべての作品で編集を担当するフラニツキー・アーグネシュが初めて参加。酒場での音楽とダンスなど、タル・ベーラ作品のトレードマークと言えるような描写が早くも見てとれる。日本でも80年代にヒットしたニュートン・ファミリーの「サンタ・マリア」が印象的に使われている。
 

監 督 タル・ベーラ
出 演 サボー・アンドラーシュ  
フォドル・ヨラーン 
ドンコー・イムレ 
時 間 128分   

公式サイト