人と仕事   

 

©2021「人と仕事」製作委員会
 

有村架純、志尊淳という、名実ともに今最旬の2人が、新型コロナに打ちひしがれた日本の職場で働く、「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる保育士や介護福祉士、農家などの人々や、声なき仕事人達の現状をレポートする。企画は、『新聞記者』(19)、『パンケーキを毒見する』(21)など、話題作を世に送り出しているスターサンズ・河村光庸。監督は『さんかく窓の外側は夜』(21)の森ガキ侑大。2020年、元々このチームで劇映画を制作予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大により、映画制作を断念せざるを得ない状況へ。しかし、世の中に一石を投じ続ける河村エグゼクティブプロデューサーならではのアイデアにより、監督・俳優はそのままに、現在の日本を探るドキュメンタリー映画へシフト。
夜の街で生きる人々や、シングルマザー、社会的養護が必要な子ども達の姿など、撮影する中で次第に見えてくるのは“誰にも頼れない社会”。貧困、分断、孤立や家庭崩壊ー。だがその中でたくましく生きる人々の言葉は、観るものの心に深く刻みつけられる。これは、まさに私たちが生きる“今”を映し出したヒューマンストーリー !
 
2人の“俳優”が、役ではなく、そのままの“自分”としてスクリーンに登場。有村架純と志尊淳が、保育士や農家などといった職業に就く人々を訪ね、体験し、演技ではない、ありのままの言葉や表情で、職場が直面する数々の問題に触れ、現代社会の陰影を浮き彫りにする。そして、「リモートでは出来ない、そこにいなければできない仕事」の価値を再認識していく有村と志尊は、そんな「エッセンシャルワーカー」達の姿を、次第に自分自身の仕事-俳優業-と重ねていく。
様々な人と仕事への眼差しがもたらす2人の変化。「人にとって、仕事とは?」果たして2人が見つけた答えとは一
 

監 督 森ガキ侑大
出 演 有村架純 志尊 淳

時 間 97分    

公式サイト
 


ピックアップ

  • 映画 すみっコぐらし 青い月夜のまほうのコ

    12/3(金)より上映決定!

    「すみっこにいると、なぜか落ち着く。」そんなちょっぴりネガティブだけど個性的なキャラクター、すみっコぐらしの映画化第2弾。12/3(金)より上映します!

  • 天外者

    12/10(金)~16(木)上映

    激動の幕末から明治初期、日本の未来のために駆け抜けた男・五代友厚。三浦春馬が全身全霊で挑んだ主演作。上映開始から1周年を迎え一週間限定特別上映。

  • 99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE

    ムビチケ発売中  

    松本潤さん主演『99.9-刑事専門弁護士- THE MOVIE』ムビチケ発売中です!※特典のオリジナルポスターカレンダーはなくなりました。

  • やまがた文化応援キャンペーン

    クーポン券発売中!

    『やまがた文化応援キャンペーン』
    劇場窓口で500円のクーポン券を400円でお求めいただけます。クーポン券は、劇場窓口でご入場チケットのご購入でご利用いただけます。

  • 午前十時の映画祭11

    上映中!

    1年間お待たせしました。「午前十時の映画祭」が帰ってきました!映画祭初上映作品も加わり、1年にわたり珠玉の傑作映画を上映します。ぜひ映画館の大スクリーンでご覧下さい!