4月12日(土)より「多十郎殉愛記」が公開になります。
公開に先駆けて、4月6日(土)ムービーオンやまがたで舞台挨拶が開催され、中島貞夫監督、主題歌「Missing」を歌う中孝介さんが来場されました。

 
 


 
 

「木枯し紋次郎」「まむしの兄弟」「狂った野獣」「極道の妻たち」など数々の傑作を撮り続けてきた84歳の巨匠・中島貞夫監督の 20年ぶりの最新作となる「多十郎殉愛記」は、京都の映画界が育んだ“ちゃんばら”時代劇です。

幕末の京都。長州を脱藩した清川多十郎は、日々の糧を得るのが精一杯という生活を送っていた。
居酒屋を切り盛りするおとよは、同じ長屋の住人で店の用心棒でもある多十郎に好意を寄せているが、肝心の多十郎は気づかない……。
ある日多十郎の腹違いの弟・数馬が兄を頼って上洛してきた。
新撰組に押され気味の見廻組は、町方からの注進で多十郎の存在を知り、新撰組にひと泡ふかせようと多十郎を襲撃。
多十郎、おとよ、数馬、それぞれの想いを胸に死闘が繰り広げられる。
そして三人の運命の結末は…。
高良健吾さん、多部未華子さん、木村了さん、永瀬正敏さん、寺島進さんなど、豪華キャストが出演。
 

舞台挨拶では、中島監督、中さんにたくさんのお話を伺いました。
 

中島貞夫監督
「山形の映画館に入ったのは今日が初めてです。山形には、これまであまり縁がなかったのですが、今回舞台挨拶というご縁をいただきまして、ありがとうございます。
 
映画監督になって60年近くが経ち、これまで65本の作品を作ってきました。
今回、これまでの経験を活かし、ちゃんばら映画をどうしても作りたい、そして日本の映画に刻んでおきたいと思いました。ちゃんばら映画は日本が作った究極の映画であり、これがなくなったら日本の映画が廃れてしまうと思ったからです。
出演の高良健吾さん、多部未華子さんとは、ずいぶん年が離れていますが、なついてくれて、とても良い雰囲気で撮影ができました。
この映画には、斬り合いの数だけドラマがあります。愛や情があります。斬り合いを通してそのようなものを感じていただきたいです。
観終わった後、様々なことを想ったり、語り合ったりしていただければと思います。」
 

 
 

中孝介さん
「桜の散り始めのような、「もういってしまう…」という現実を突きつけられた時、自分はどうするか、映画を観終わった後、そんなことを感じました。
そんな想いが主題歌である「Missing」ともシンクロしているような気がします。
逢いたくても逢えなくなってしまう、出会いがあれば別れもあります。
儚さ、切なさ、そんな想いを歌に込めて歌っています。
この映画に主題歌として携わることができて本当に嬉しく思います。」
 

 
 

当日、中島監督には、京都より駆けつけていただきました。そして、なんと、日帰りで京都までお帰りになられました!とてもお元気で、そして紳士的なお姿が印象的でした。
中孝介さんには、大ヒット曲「花」と主題歌「Missing」を歌っていただきました。
想いが込められた心に響く歌声で、会場の皆さんを魅了していました。
 

 
 
「多十郎殉愛記」はムービーオンやまがたで県内独占上映です。

主題歌「Missing」が収録されている中孝介さんミニアルバム「愛者~Kanasha~」も発売中です。
「多十郎殉愛記」、「Missing」、どちらもおすすめです!


ピックアップ

  • 名探偵コナン

    名探偵コナン 大ヒット上映中!

    怪盗キッド、絶体絶命!?コナンとキッドのコンビ、最強の空手家・京極真活躍の活躍など見どころ多数!主題歌 登坂広臣の「BLUE SAPPHIRE」にも注目!

  • エリック・クラプトン 12小節の人生

    4/12(金)より上映

    名曲誕生の裏にあった人生の苦悩と悲哀。本当に手に入れたかったものとは?エリック・クラプトン自らが赤裸々に曝け出す珠玉のドキュメンタリー。4/12(金)より上映です。

  • 運び屋

    4/26(金)より上映

    クリント・イーストウッド監督・主演最新作!前代未聞の実話を映画化!​伝説の運び屋を演じたイーストウッド、俳優人生の集大成、ここに!

  • 天才作家の妻 40年目の真実

    4/26(金)より上映

    第91回アカデミー賞 主演女優賞 ノミネートのグレン・クローズが、世界的作家の夫を慎ましく支えてきた妻を演じた話題作。夫への愛情と縁に揺れ動く妻が最後に下した決断とは…。

  • 劇場版 幼女戦記

    4/26(金)より上映

    現代世界で命を落とした男が、魔術の世界で幼女に転生、軍人として数々の修羅場を乗り越えていく。大人気のミリタリー空戦ファンタジー小説が劇場アニメ化!

  • ちいさな独裁者

    4/26(金)より上映

    1945年4月、終戦まで1カ月に迫ったドイツ。偶然に軍服を拾った若き脱走兵は、同時にナチス将校の威光をも手に入れたー。信じがたい実話を映画化した「ちいさな独裁者」4/26(金)より上映。